ブログ ブログ

BLOG
コラム

2020.06.04

テニス肘治療

こんにちは。
名古屋市瑞穂区、治療院・パーソナルトレーニングジム
GOKAN Conditioning Labo.の大角です。

■症例紹介 
テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

30代男性でテニス練習中より肘外側の痛みがあり、来院していただいてます。
本日で2回目の治療になります。

はり治療、パルス通電で筋緊張・痛みを緩和
手技療法での組織のリリース、肩関節・胸郭の動きの改善
胸椎の可動性、コアの安定性のエクササイズを処方

ここまで順調にきています。痛みの根本を改善するためのエクササイズを
自宅で毎日やっていただけています。痛みを取るだけではなく、再発しないためにはどうするかが重要ですので、治療やトレーニングの意味を知っていただきながらやっていきます。



当院では様々なスポーツ障害に対応できますので、痛みで思うようなプレーができないなどお悩みでしたら、是非ご相談ください。

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

足首をひねった。足関節捻挫とは

静的ストレッチについて考える。

ウォーミングアップについて

オスグッド・シュラッター病

TOP ご予約は
こちらから