ブログ ブログ

BLOG
コラム

2020.04.15

足首をひねった。足関節捻挫とは

こんにちは。
名古屋市瑞穂区、鍼灸院・パーソナルトレーニングジム
GOKAN Conditioning Labo.の大角です。

私たちが生活するなかで、最も身近な怪我の一つが捻挫です。
多くの人が経験したことのある怪我ではないでしょうか?
そこで、足関節内反捻挫について詳しく紹介していきます。

足関節内反捻挫とは

捻挫とは、外力がかかることにより、関節が無理やり動かされ、正常の可動域を越え、関節を支えている靭帯や関節包などの軟部組織や軟骨が損傷することをいいます。

捻挫は、膝関節、手関節など全身のあらゆる関節部位で起こりますが、足首の捻挫は日常生活、またはスポーツ外傷の中で最も多いと言われています。いわゆる足首をくじいたという状態です。



足関節の構造上、特に内側に挫くこと(足関節内反捻挫)が多くなります。足関節内反捻挫の場合は、足関節の外側、外くるぶしの周囲にある外側靭帯のうち前距腓靭帯が引き伸ばされる、あるいは部分断裂に至ることが多いとされています。

通常は外側の組織が損傷するのですが、足関節の内側も痛くなることもあります。この場合、足関節を過度に内側に捻ったことにより、骨と骨の間で衝突が起こり、内側の組織などが挟まれることで損傷したと考えられます。

また、足関節捻挫の重症例では足部の骨折を伴うものもあり、ケースによっては整形外科の受診も必要になります。

このような、足関節捻挫は、ジャンプから着地をした時、急な切り返し動作をした瞬間、その他には交通事故、階段を踏み外して転倒したときなど、あらゆるケースで起こります。

捻挫の症状は以下、

①腫れ
②熱感
③運動時痛(動かしたときの痛み)
④圧痛(押したときの痛み)

今回は、足関節捻挫の概要から症状までお伝えしてきましたが、次回は対処法など紹介できればと思います。
捻挫は、フィギュアスケート、バスケットボール、サッカー、バレーボールなどあらゆるスポーツで起こりうるケガです。捻挫くらいと甘く見ることなく、近くの専門家に治療、リハビリ、トレーニングのご相談を

________________________________________________________________

名古屋市瑞穂区、昭和区、天白区、千種区、緑区、中区、熱田区
鍼灸・美容鍼・整体・マッサージ・パーソナルトレーニングといえば↓
GOKAN Conditioning Labo. (鍼灸院/パーソナルトレーニングジム併設)
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通2-13 HOUSE LOKO 1F
TEL052-853-9996
https://gokan-cl.com/
_________________________________________________________________








ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

テレワークによる肩こり、腰痛改善のエクササイズ

足首をひねった。足関節捻挫とは②

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎について

オスグッド・シュラッター病

TOP ご予約は
こちらから