お客様の声 ブログ

VOICE

GOKAN Conditioning Labo.に通っていただいているお客様よりいただいた
実際の感想やご意見を紹介します。
※体験者個人の感想です。効果・効能は個人によって差があります。

膝の痛みが減り、歩けるようになりました
J.K様50歳女性/主婦

膝の痛みが減り、歩けるようになりました

カウンセリングから導き出した原因

股関節の動きの低下により、代わりに膝関節が過剰に頑張って仕事をする状況になっていた為、膝の痛みにつながった

鍼灸施術×トレーニングポイント

まずは、体幹の安定性。そして、股関節の柔軟性を出しながら、股関節を正しく使えるように動作パターンの習得を反復して行いました。スクワット動作や歩行時にも痛みがでにくい状態になってきています。

スネの痛みがなくなり、競技復帰できました
K.T様30代女性/会社員

スネの痛みがなくなり、競技復帰できました

カウンセリングから導き出した原因

足部を安定させる筋力が低下しアーチが下がっていたことや、過去の足首捻挫による足関節の可動域の低下など、足部機能の低下により、スネの内側に負担がかかりやすい状態になっていた

鍼灸施術×トレーニングポイント

鍼通電を行うことで筋緊張や痛みを緩和。手技療法で骨の配列の修正や軟部組織にアプローチすることで滑走性を出し、足関節の可動域を上げることで下腿への負担を減らす。
足趾、足関節のエクササイズで筋力向上を図ったことで内側縦アーチの改善、またバランストレーニングで足部を安定させ、競技復帰につなげた。

慢性的な腰痛が改善されました
M.Y様42歳男性/建設業

慢性的な腰痛が改善されました

カウンセリングから導き出した原因

股関節が可動域が極めて少ないために、あらゆる動作時に腰部が丸まったりと腰部に代償動作があらわれやすい状態となっていて痛みを出していた

鍼灸施術×トレーニングポイント

治療では、腰殿部から痛みの出ている大腿部にかけて鍼通電を行い緊張の高い筋肉や影響の出ている神経にアプローチしていきました。
その後のトレーニングでは、動作の際に、本来動かないといけない関節、安定していないといけない関節のカラダの各部位の特徴を理解してもらうことから始めました。
まず股関節の柔軟性を上げるストレッチで可動域を出しました。
また呼吸のエクササイズでしっかりと腹圧を高められるよう改善し、腰部が安定する環境をつくりました。
さらに体幹の安定性を保ったなかで脚を曲げ伸ばしをしたり、腕を動かしたり、正しい動作を目指したエクササイズを処方しました。

TOP ご予約は
こちらから